仕事 秘書

でしゃばりと気が利く・気遣いできるの違い(嫌われないために)

 

 

秘書OLmaruayaです。

 

 

ボスと長時間一緒にお話ししたり、過ごすにあたり、気を使っていたつもりが「でしゃばり」だと思われていた・・・

 

 

そんなショッキングなことにならないよう、秘書の仕事は気を使うことが多いですが、「でしゃばり」にならないように気を付けています。

>>秘書の仕事内容は?どんな仕事?【現役秘書が語る】

 

 

でしゃばりな人って、身近なところに必ず一人はいませんか?(笑)

 

 

本日は、

「でしゃばり」と「気が利く人」の違いについてお話ししたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

【結論】でしゃばりと気が利く(気遣いができる)人の違い

 

 

 

 

【でしゃばりな人】気遣いに見せかけた自分の意見・能力・パフォーマンスをアピールをする人のこと。

 

 

【気が利く人】思いやりをもって相手のことを考え、行動・発言をすることができ、相手が助かったり、喜ぶことができる人。

 

 

 

行動の向いている方向が相手であれば気遣い、自分であればでしゃばり になると思います。

 

 

 

もう少し細かくお話しします。

 

 

 

※でしゃばりな人と気が利く人の具体例を恋愛(実体験)で書かせていただきました。

 

 

でしゃばりな人

 

 

自分の行動によって相手に迷惑をかける、うざったく思われる行動をとる人のことだと思います。

 

 

傾向として、自己主張が強く意見が強い、意見をまげない人が多いと思います。

(意見があることは良いことですが、余計な口出しをしてきて意見が強いとたちが悪いですね。。)

 

また、自己中心的で、「やってあげている」感=恩着せがましい傾向も強いと思います。

 

 

何か行動したことによって受け手が「うざいなあ・・・」

 

こう感じられてしまったらそれは、「でしゃばり」だと思います。

 

 

でしゃばりの原因

 

「気遣い」に見せかけた自分のアピールをしているほかすぎないから

 

・でしゃばりと気遣いの違いが認識できておらず、自覚がない

 

 

でしゃばりな人

・誰も頼んでいないことをして、さもみんなのためになっていると思っている(周りは思っていない)

・余計な口出しをして、「自分は良いアドバイスをした」と勘違いをしている

・お節介

 

 

 

でしゃばる人に遭遇した経験談(恋愛)

 

入社後の初期配属の部署で、いわゆる世の中でいうところのお局様がいらっしゃいました。

 

 

その方がとにかく周りの男性職員とむりやりくっつけようと、希望していないのに勝手に連絡先を交換させられそうになったり、話すように無理やり空間を作られたり

 

こちらが求めてもいないことをされて本当に辛かったです。。。( ;∀;)

 

 

たちが悪いのが、本人は「良いことをした」と思っていて、「私はこんなに良いことをしている」みたいな話にして言うので、こちらは口をつぐんでおりました。。

 

でしゃばりな方に遭遇したら、距離をとって身を守りましょう(笑)

 

 

気が利く・気遣いができる人

 

自分の行動や発言によって、相手に感謝してもらえることや喜んでもらえることをすることができる人だと思います。

 

 

 

 

相手や周りの人が助かるかな、喜んでくれるかなと思いを巡らせて行動・発言をすることができるため、受け手としては感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

また、相手の様子を気にかけてその状況に応じた行動や発言ができる人が気遣いの出来る人だと思います。

 

気が利く気遣いができる人

・「相手」ファーストであり、した方が良いこととやりすぎのラインを分かっている(意識して行動発言ができる)人

・見せかけではなく思いやりを持って行動することができる人

・自分目線ではなく相手目線で行動できる人

 

 

気が利く人に遭遇した経験談(恋愛)

 

 

私の経験談で恐縮ですが、以前、社内で先輩と良い感じになりそうだった時があったのですね。

 

まだお互いのことをよくは知らないけれど、なんとなく互いに意識をしているような感じです。

 

ちょうどそんなときに、社内イベントの移動(車)で先輩Aと私と気が利くBさんが同乗する機会がありました。

 

 

たわいもない会話をしていた時に、気が利くBさんが自分の家族の話をしつつ自然な流れで、

「そういえばmaruayaさん、彼氏はいるの?」と、

この状況をすべて理解しているかのような発言が出たのです!(笑)

 

もちろんいませんでしたので「いないんですよ~」と返すと、

たしか先輩Aもいないんだよね、いつからだっけ~?のような話を振り、

そのまま変な空気にならぬように、家族の話で終話したんですね。

 

 

お判りいただけたでしょうか?(笑)

 

 

恩着せがましくもなく、自然な話の流れでその場の人(私と先輩2名ですが笑)気にしているであろうことを探ってくれるという。

 

この気が利くBさんは偶然ではなくて「思いやり」をもってこの質問をしてくれたことを感じました。

 

 

ポイントは誰も嫌な気持ちになっていないということと、その場にいる人のことを思いを巡らせて考えてくれた発言だと感じた点だと思います。

 

 

 

 

【まとめ】でしゃばりと気が利く(気遣いができる)人の違い

 

行動の向いている方向が相手であれば気遣い、自分であればでしゃばり です。

 

相手のためと見せかけた「でしゃばり」にならないように気を付けたいと思います。

 

自分が良かれと思った行動は相手の方は喜んでいるのでしょうか・・・?

 

受け手次第で「でしゃばり」にも「気が利く」にもなりえます。

 

その過程として、自分よがりになっていないか、

一呼吸おいて行動や発言をしていきたいですね。

 

 

 

明日は我が身と思って、目線は相手に・・・・でしゃばりな人にならぬよう、過ごしていきたいと思います。

関連記事

>>でしゃばりと積極的な人の違い(嫌われないために)

 

 

~ぽちっと応援いただけると嬉しいです~


秘書ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

今回は以上となります。

それでは、またお会いしましょう。

    • この記事を書いた人

    maruaya

    はじめまして。アラサー会社員で秘書の仕事をしています。元浪費家、会社の先輩の貯金額に驚き現在は投資と貯金をコツコツ。好きなことは、おいしいものを食べること・美容・ショッピング(^ω^) また遊びに来ていただけると嬉しいです*

    -仕事, 秘書
    -,