投資初心者のインデックス投資

お金

【ほったらかし】インデックス投資7か月目運用結果

こんにちは。

秘書OLmaruayaです。

 

本記事は、投資初心者7か月目のインデックス投資運用結果のご報告です。

筆者のテーマは長期運用・買うタイミングをはからずに、ひたすらに積み立てていく方針です。

「ほったらかし投資」に興味ある方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

こんな方におすすめ

  • 投資に興味がある方・投資初心者さま
  • 現在、銀行預金だけの方

 

 

大枠の内容について

◆2021年2月から開始した投資結果
→(積立NISA・インデックス投資)
◆2021年1月から運用先を変更した企業型DCについての運用結果

 

 

 

投資6か月までの結果についてはこちらの記事をご参考ください。

>>【ほったらかし】インデックス投資6か月目運用結果

 

 

少し長くなってしまいましたので、気になる内容は目次からタップして飛んでみてください。

 

スポンサーリンク

【ほったらかし】インデックス投資運用結果(合計)

 

投資初心者7か月の投資運用結果(合計)

 

拠出金合計損益資産額合計
2,724,389円+267,857円2,992,246円

 

トータルプラス約26万円になります。

筆者の運用方針は「買うタイミングをはからず・長期投資」ですので気にせずに現金とのバランスを見てほったらかし投資を行っていきます

 

maruaya
どなたでも真似できる内容になっています。

まずは、投資先などお話しさせていただき、最後に私の投資の運用方針をお話しします。

 

 

投資先の選定方法はこちら記事で記載の方法で選んでおります。

 

それでは、内訳を見ていきましょう。

 

 

楽天証券

 

■楽天証券運用結果(画像・表)

 

 

拠出金合計損益資産額合計
400,000円+36,325円436,325円

 

 

楽天証券の口座開設がまだの方はこちらも見てみてください。

>>楽天証券をお得に開設(PointIncome経由4000円GET)



 

投資先は先月から変わっておりません

何も触っていないうちに楽天証券トータル約3万6千円増えてくれました

当初は日本や新興国にも投資しましたが、何十年も信じ続けられない(笑)と米国と全世界中心に変更し、そのままです。

■楽天証券投資先内訳など細かく解説していきます↓

 

積立NISA

拠出金損益資産額合計
290,904円+25,449円316,353円

 

積立NISAとは1年あたり40万円まで・最長20年投資をすることができて利益を非課税で得ることができる制度です。

 

積立NISAを選んだ理由はこちらの記事で書かせていただきました(*´ω`)

 




マトリョ様
積立NISAの最低金額が100円だからワンコインで積立NISAの運用を試してみるのもいいですね。

 

 

特定口座

運用利益から課税される(税金が引かれる)口座です。

拠出金合計損益資産額合計
109,096円+10,876円119,972円

 

プラス約1万円。

最後の運用方針でもお話ししますが、私は長期保有で考えているので、細かい値動きは見ずに長期でのプラスを見て運用していきます。

ボーナス月だけ積立額変更するなど、端数が嫌な方は設定可能です。

 

SBI証券

 

読者さま
SBI証券を開設した理由はあるの?

 

理由はこちらの記事で書いてみましたので気になる方は覗いてみてください。

>>SBI証券の口座開設をした理由4つ(投資初心者)

 

特定口座

 

運用利益から課税される口座です。

拠出金合計損益資産額合計
1,750,189円+90,344円1,840,533円

 

 

約9万のプラスです。

 

こちらの関連記事で実際にSBI証券で投資信託を購入する様子を書かせていただいています

関連記事

>>(アラサーOLボーナスの使い道)SBI証券で投資信託を購入!

 

 

■SBI証券の投資先画面はこちら↓

 

通称オルカン(全世界)とS&P500に月5万円ずつ・合計10万円積み立てています。

定期的に、現金と投資額のバランスを見て、投資額を増やす等調整しており、唯一私の投資でやっていることです(笑)

>>【結婚前のお金の整理】自分いくら持ってるんだろう?現金が多いから投資額増やします。

 

また、2021年6月30日よりSBI証券が三井住友カードのクレカ積立サービスを開始したことからさっそく、クレカを作成し、限度額5万円は三井住友カードのクレカ積立設定にしました。

>>(SBI証券)三井住友カードをお得に作って6100円GET!

 

 

maruaya
スタートダッシュキャンペーンで最大3%還元・私は1.5%還元のクレカを作成(年会費無料)したので半年間は毎月750円もらえる計算!このポイント分の使い道についても以下記事でまとめましたがキャッシュバックで実質毎月750円分割引です。

 

関連記事

>>SBI証券で積立た三井住友カードVポイント確認【使い道は6つあります】

>>ポイントインカムのポイントお得な使い方|ドットマネー経由Tポイントに交換!

 

参考:三井住友カード×SBI証券

参考:スタートダッシュキャンペーン

 

通常は0.5%還元のクレジットカードになります。

投資先については、アメリカの選ばれし会社か、アメリカ中心の全世界かの違いになりますので分散投資はできていませんが、気になるところへ継続的に投資をしたいと思い、ひとつに絞れませんでした。

 

気持ち面で2つインデックス投資を行っております。

 

↓こちらの記事で書かせていただいた方法でSBI証券の支払いを三井住友カードを作成・ドットマネー経由でTポイントにしたおかげで、5000ポイントくらい溜まりましたので、ウェル活予定しています♪

>>ポイントインカムのポイントお得な使い方|ドットマネー経由Tポイントに交換!

 

企業型DC

 

■企業型確定拠出年金(企業型DC)の結果(画像・表)

 

拠出金合計損益資産額合計
574,200円+141,188円715,388円

 

■投資先は以下の通りです↓

 

内容は先進国インデックスファンド一本になります。

 

こちらは会社の積立金より自分で運用しております。

 

会社に所属されていない方は、iDeCoに入っていただくと60歳まで運用し、運用益は「非課税」で受け取ることができるお得な制度ですのでおすすめです。

 

投資初心者の運用方針

 

 

投資初心者ですが、引き続き、少しのリスクをとってほったらかしインデックス投資を行った結果、着々と資産が増えております

 

今振り返っても、後でいいかな、急いでないよな・・・と勉強しても行動できない期間が長かったのですが、一歩踏み出すことができて良かったです。

 

 

私のように、本やYouTubeなどで勉強はしたけれど、行動に移せていない方も多いのではないでしょうか。お気持ちとても分かります。

 

もちろん、大切なお金なので適当なところへ投資することが大切ですが、まずは100円から始めるなど、何か行動を起こしてみることはとても大切だなと感じました。

7か月前の自分が行動したか、していないかの差で現時点では18万円差が出ているんです。

少しでも興味がある方はまずは口座開設から行動を起こしてみることがおすすめです▽▽

 

お金に働いてもらうって凄いですね。。

私は投資先を決めてからやったことといえば、楽天証券とSBI証券を開設して初めの積立設定をしただけです。

 

企業型DCについては、運用先を定期預金パック→先進国インデックスファンドに変更、あとは放置です(笑)

 

これらは自分の基本運用方針に沿って、そのまま特に触らないでほったらかし投資予定です。

基本運用方針

ドルコスト平均法を採用し、ほったらかし積立投資で10年以上かけて長期運用

 

ドルコスト平均法とは、毎月など定期的に決まった額で株式を購入することで相場が高いときには少なく、相場が低いとたくさん購入することができる運用手法です(●´ω`●)

 

前よりかは興味を持つようにはなりましたが、経済・株価・・・基本興味ないです(笑)

ですので、できるだけ何も考えずに、精神も病まず、手間もかからずに継続できる運用法を採用しています。

 

現在は、引き続きインデックス投資を行いつつ、自分の年収分の現金は生活防衛資金(突然働けなくなった、病気になったなど)として確保、他は積極的にインデックス投資をしていけるように投資を進めていければと思っています。

 

 

 

 

今回は以上となります。

ぽちっと応援していただけると嬉しいです(^ω^)

 


秘書ランキング

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

ちょっとでも投資に興味のある方、銀行預金だけの方へ、少しでも何か参考になりましたら幸いです。

 

それでは、またお会いしましょう。

    • この記事を書いた人

    maruaya

    はじめまして。アラサー会社員で秘書の仕事をしています。元浪費家、会社の先輩の貯金額に驚き現在は投資と貯金をコツコツ。好きなことは、おいしいものを食べること・美容・ショッピング(^ω^) また遊びに来ていただけると嬉しいです*

    -お金
    -